Q-1048 役務残の集計で数字が合わない

役務残CSV、顧客検索、顧客別役務残レポートなどそれぞれで集計の条件を同じにしていただけば同じになります。

例)2016/12/31時点での役務残を集計したい場合


役務残CSV

〆日:2016/12/31
期限切れを残に含む
〆日時点での今までの役務残を表示します。

顧客検索

役務残CSVと同じ件数、金額にするためには、「会員登録済みのみ」のチェックを外す
顧客の使用状態:すべて
購入日: 空白~2016/12/31
〆日:2016/12/31
残回数:1回~空白
未消化の役務を含めるチェック
期限切れを残に含む

顧客別役務残レポート

購入日: 空白~2016/12/31
〆日:2016/12/31
同じお客様は1行にまとまるため、他画面より件数が少なくなる
役務残金額の合計は、3画面とも同じになります。

[No1048]