パックメニューの使い方【マニュアル】

パックメニューとは、1つのチケットに複数のメニューが紐づいており、紐づいているメニューであれば都度お客様がお好きなメニューを設定回数分消化できるチケット(レジメニュー)です。

利用にはお申し込みが必要です。


例えば、ニキビ肌コース、美白コース、美肌コースの中なら都度好きなコースを選んで、合計10回分セットにして販売したい場合は「フェイシャル10回パック」としてパックメニューを設定してご利用ください。


・パックメニューの登録方法

 ①Web>マスタ>レジメニュー へ進みます。

マスタ「レジメニュー」の権限が必要です。


②葉っぱのマークから新しいレジメニューを追加します。

パックメニューはフォルダにまとめておくと便利です!

今回は例として既にある「パックメニュー」というフォルダの中に新しいパックメニューのレジメニュー「フェイシャル10回パック」を追加します。


レジメニュー名、金額など、必要な項目を設定し変更を保存してください。

販売種別「チケット」を選択すると「パックメニュー」の設定に必要な項目が表示されます。

設定回数、有効期限は空でも設定できますが、その場合Shopで都度設定が必要となります。

「□このチケットをパックメニューとして扱う」にチェックを入れて、紐づけたいレジメニュー(チケット)を「...」から追加してください。


Shopを再起動すると変更内容が反映されます。


1回あたりの消化金額は 設定金額÷設定回数(端数は初回分に加算)で均等割した金額となります。

※パックメニューの内容(マスタ)を変更した場合、販売済みのものは購入時の内容のまま変更されません。


・パックメニュー利用開始後の集計について

パックメニューの集計は Web>顧客検索(パックメニュー対応版) から行います。

集計のご利用には、 マスタ>Owners>顧客検索パックメニュー対応版、もしくは、マスタ>Owners(全て)の権限が必要です。



また、パックメニュー利用開始後の集計(役務顧客表)には注意事項がございます。

顧客検索(パックメニュー対応版) :集計(役務顧客表)にとても時間がかかります

パックメニューの消化は未消化として扱われます。


パックメニューの消化をしていても、通常の顧客検索で役務顧客表を出力する際、役務条件で

「未消化の役務を含める」にチェックを入れずに集計した場合

・検索結果が実際の件数と異なる


「未消化の役務を含める」にチェックを入れて集計した場合

・消化額が0円で表示される

・役務残が減らない

・残回数が減らない

・消化日が反映されない

などの影響があります。

ご理解の上、ご利用ください。




回数無制限のパックメニューの使い方(回数無制限のパックメニューは現在一部のお客様のみご利用いただけます。)