【パターン①】消費税率改定・軽減税率制度に向けての事前準備

本ページは下記のパターン①のお客様向けの事前準備のご案内です。


■はじめに

パターン①の場合、必要なご準備は軽減税率対象商品を取り扱うための「レジメニューマスタの更新」と標準税率のメニュー金額を消費税率8%から10%に変更する「金額変更」2つとなります。


■スケジュールについて

更新作業は2019/9/30(増税前の最終営業日)営業終了後〜2019/10/1(増税後最初の営業日)営業前に実施していただきますようお願いいたします。


■更新方法について

レジメニューCSVを利用する方法と金額一括変更ツールを利用する方法があります。

それぞれの特徴は以下となります。運用やお好みに応じて選んでください。


レジメニューCSVを利用する方法の特徴

  • CSVを利用するのでエクセルなどの編集用ソフトが必要
  • 金額はお客様にて計算が必要
  • 事前に準備ができ、複数人でのチェックや編集が容易
  • 事前準備をしておくと更新作業はCSVをアップロードするだけ
  • 権限が必要


金額一括変更ツールを利用する方法の特徴

  • webから行うので操作が簡単
  • 設定を元に金額を自動計算(手入力も可能)
  • 事前準備ができないので更新作業時にマスタの量が多いと作業時間や確認時間がかかる
  • 権限が必要


レジメニューCSVを用いた更新方法

まずはレジメニューCSVをダウンロードしバックアップをとります。

必要箇所を加筆修正し内容を確認します。ここまでが事前準備です。

2019/9/30(増税前の最終営業日)営業終了後〜2019/10/1(増税後最初の営業日)営業前に準備しておいたCSVをアップロードし、更新作業を実施してください。



金額一括変更ツールを用いた変更方法

2019/9/30(増税前の最終営業日)営業終了後〜2019/10/1(増税後の営業初日)営業開始前に実施してください。

・有効なレジメニューの税込価格を一括で消費税率10%での金額に変更

・有効なレジメニューの税モードの変更(課税 / 軽減税率 / 非課税)

税モードを「軽減税率」にすると「軽減税率金額」の欄に「現在の金額」が自動入力されます。

税モードを「非課税」にすると「金額」の欄に「現在の金額」が自動入力されます。

割引・割増の金額は変更できないため、割引・割増の金額変更はレジメニューCSVを利用してください。