ソフトが起動できない場合について

2018年7月20日から発生しております「ソフトが起動できない」件について2018年9月14日現在の状況をご報告いたします。

これまで起動できないソフトはOfficeに限られておりましたが、昨日(9/13)、本日(9/14)とそれぞれ1件づつShopでも発生いたしました。

それに伴い、Shopで発生した場合のワークアラウンドについてもご案内いたします。


本件に関するこれまでのご報告:【8/31 追記】ソフトが起動できない場合について


事象

ソフト起動時にバージョンアップ処理で必要なアプリケーション(DDVersionUp.exe)が0KBになっていることで、ソフトが起動できない。


件数(2018/7/20〜9/14):9件


ワークアラウンド

これまでご案内しておりました内容と変更ございません。


1. まずはDDVersionUp.exeの更新をお試しください。

2. DDVersionUp.exeの更新で改善しない場合は、起動できないソフトの再インストールを実施してください

Officeの再インストール方法

Shopの再インストール方法


いずれも改善しない場合は、コールセンターまでご連絡をお願いいたします。

電話受付時間外の場合は、大変お手数ですがメール(ss-support@willdo.co.jp)にてご連絡をお願いいたします。順次対応させていただきます。


原因と想定されるもの

セキュリティ対策ソフト「マカフィー リブセーフ」

不具合が発生しているPCを詳しく調査した結果、ハードウェアの故障やOSの不具合等は認められず、PCの稼働記録(イベントログ等)の内容等から、「マカフィー リブセーフ」が何らかの介入をしている可能性が高いと考えています。


今後の対応

引き続き原因特定のため調査を実施いたします。


補足

以前にもバージョンアップの際にマカフィー社のセキュリティ製品が何らかの介入をしている可能性が高いと考えられる不具合が発生しております。

サロンズソリューションのバージョンアップ機能は特別なものではなく、一般的な仕組みを採用していますので、セキュリティソフトで検知防御されるようなものではないと考えております。

しかし、実際にお客様環境で不具合が発生し、製品をご利用頂けない状態であることを重大視し、以前にもバージョンアップ機能の仕様を変更した経緯があります。

今回、更に原因の特定、また、不具合の改善のため更にバージョンアップ機能の仕様変更を予定しております。