Q-127 親が持っている役務を、子に譲りたい

親の役務を子に譲渡するには、「立替金」と「立替金支払い」を使用します。

親と子を同日に受付してください。

子のレジ伝票を開き、親から譲ってもらう役務と同じメニューを、目的「購入」で選択します。※役務の金額・設定回数は、親の役務の残金額・残数を設定してください。

伝票の次の行で、目的「立替金」を選択すると、役務の金額がマイナスされて請求金額が0円になりますので、レジ伝票を確定してください。

0円でレジ精算を確定し、子の処理は完了です。

次に、親の受付を開き、契約管理から譲る役務を選択、解約処理し、「伝票へ」をクリックします。

レジ伝票に解約内容が表示されますので、譲る役務以外のメニューが表示されている場合は×で削除します。

伝票の次の行で、目的「立替金支払い」を選択し、子の受付を選択してください。解約の返金額と、子の立替金が相殺されて請求金額が0円になりますので、レジ伝票を確定してください。

0円でレジ精算を確定し、以上の操作で役務の譲渡が完了です。

〔No127〕