ステータス

障害記録

2018年8月3日 午前0時47分から午前1時15分までの28分間、正常にHTTPS通信ができない不具合が発生しました。これにより、当該時間、サロンズソリューションの多くの部分で、サービスを正常にご利用いただけませんでした。

サロンズソリューションをご利用のお客様におかれましては、ご迷惑をおかけし申し訳ございません。サロンズソリューションは、サービスの可用性を向上すべく、一層の改善をしてまいります。


インシデントレスポンスログ

2018-8-3 0:45 弊社技術者がロードバランサーのメンテナンスを開始しました。

2018-8-3 0:46 ロードバランサーの設定管理画面のバグにより、弊社技術者が意図的に変更した設定に加えて、弊社技術者が全く変更を加えていない設定項目の値も同時に書き換わりました。

2018-8-3 0:47 上記設定値がすべてのロードバランサーに反映され、正常にHTTPS通信ができなくなりました。同時にサービス監視システムが障害を検知し、弊社技術者が不具合を認知しました。

2018-8-3 0:50 弊社技術者から、ロードバランサーを提供しているISaaS事業者に対して、インシデント情報を共有し、障害対応の協力を要請しました。

2018-8-3 1:10 弊社技術者が、ロードバランサーの設定が意図せぬ値に変更されている事実を発見し、直ちに適切な設定値に再設定しました。

2018-8-3 1:15 正しい設定値がすべてのロードバランサーに反映され、サービスが回復しました。

2018-8-3 1:25 ロードバランサーを提供するISaaS事業者のインシデント対応担当者に対して情報を共有し、問題の再発防止のための調査対応を依頼しました。

2018-8-3 2:00 ロードバランサーの設定管理画面の不具合が修正されるまでのワークアラウンド策として、弊社サービス運用チームに対し、以下の運用規則を設定しました。

・不要不急の設定変更は当面見送る

・避けられないメンテナンスは可能な限り深夜遅くに行う

・メンテナンス時は、設定変更の直後に、すべての設定値を目視確認する